MIT-医師のご紹介

MITでは腫瘍免疫や血液内科など、がん免疫治療最前線で経験を積んだ医師達による「チームがん治療」を提供しています。

東京MITクリニック院長 宇野 克明

ご挨拶

東京MITクリニック 院長 宇野 克明

高度進行がん・末期がんの治療だからこそ、真剣に向き合いたい

近年、広く普及し始めたがん免疫療法も、その選択を誤れば期待した成果は得られません。
例えば自然免疫をになうナチュラルキラー細胞を用いた「NK細胞療法」などは本来、発生初期の未熟ながん細胞を標的とするため、進行がんや末期がんの症例に実施してもその効果はほとんど現れません。同様に特殊な免疫細胞を用いる「樹状細胞療法(ペプチドワクチン)」も、がんに一般的な共通抗原のみを利用する性質上、一部を除き数パーセントの症例で一時的な腫瘍マーカーの改善程度の成果にとどまりました。
さらに、大きな期待がもたれた免疫チェックポイント阻害剤でさえ、利用が進むにつれその効果も2~3割程度に過ぎないことが判明したのです。

宇野 克明 医師

がん免疫治療の新しい基準作りを推し進めよう

そこで最新の免疫学研究では、より確実にがん細胞を破壊するため、遺伝子の突然変異によってそれぞれのがんで個別に生じる「真のがんペプチド(ネオアンチゲン)」に対応した免疫治療の導入を提唱し始めました。
しかも、高度に進行したがん症例の免疫システムには、そこに至るまでの長い期間を経て大きな疲労も蓄積しています。そこで、もはや単一の治療法だけでがんを根治できるほどシンプルな状況に無いことも判明し、多くの研究者らが提唱する「がんの微小環境」への複合治療対策も喫緊の重要課題となりました。

限られた貴重な時間を大切に、、、とにかく動こう

そこでこれらを解決するため、MITではプレシジョンメディシン(精密医療)の概念にのっとり、新たに「ネオアンチゲン複合免疫治療」も用意いたしました。
この治療では、主軸となる①内因性がんペプチド誘導(ネオアンチゲンの認識・捕捉)に②サイトカイン誘導、③アポトーシス誘導を加え、がんの微小環境対策に④細胞外マトリクス治療等を複合して、従来の免疫療法をはるかにしのぐ成果を目指しています。

ぜひ、一緒に力をあわせ、がんに打ち勝とう!

MIT
医療法人社団東京MIT 理事長
医学博士 宇野克明

名医を探す本

当院の宇野克明が本誌に掲載されております。

下のボタンを押すと、掲載内容を確認できます。

掲載内容を読む

宇野 克明の経歴

1986年:東海大学医学部卒業
1986年:東京女子医科大学第2外科において一般外科・救急外科を研修
1988年:杏林大学医学部第1外科・免疫班に転籍、外科手術と併せて非特異的・抗腫瘍免疫治療の研究を行う。
1996年:横浜市中区の医療法人財団コンフォート病院より理事長として招聘・就任
1999年:これまでの免疫研究を元にして世界・日本初のがん免疫検査システム「がん免疫ドック(イムノドック)を開発
2000年:東海大学医学部外科・研究員として組織適合抗原HLAならびにがん免疫研究を再開
2000年:上記コンフォート病院内にがん研究部門「免疫研究センター」を開設
2004年:東海大学医学部・基礎系生体構造機能学教室・非常勤講師(兼任)
2004年:ハルピン医科大学・名誉教授に就任(兼任:中国・黒竜江省)
2005年:医療法人財団コンフォート病院理事長を退任・引き続き最高統括理事に就任
2007年:国連支援交流協会特別顧問に就任
2009年:免疫学的な腫瘍消失現象(アポトーシス)を強力に誘導する新規医療素材ES-27を開発
2009年:ES-27を用いミトコンドリアレベルから腫瘍のアポトーシスを誘導する“がんミトコンドリア治療”開発
2012年:当初の業務を終えたとして医療法人財団コンフォート病院・最高統括理事を辞任
2012年:新たながん専門医療施設、東京MITクリニックを東京駅前・八重洲に設立、初代院長となる
2012年:前任先コンフォート病院にあったがん研究部門「免疫研究センター」を東京MITクリニックに全面移転
2012年:日本初のがん免疫検査システム「がん免疫ドック」を完全リニューアル、「リスクチェッカー」と改名し解析業務再開

アスゲンクリニック院長 村上 敦子

ご挨拶

アスゲンクリニック 院長 村上 敦子

この度、がん患者様が「明日は元気に」「明日も元気に」なるようにという願いを込め、アスゲンクリニックをリニューアルオープンいたしました。

MITとして東京MITクリニックと協力しながら患者様がよりよい治療を受けることが出来るよう、長年がん治療に携わってきた経験を生かしながら日々努力をしていきたいと思っています。

村上 敦子 医師

私と癌との関わりは、もう40年以上になります。

当時は介護の末、3人もの家族を看とるという立場で医学部へ通う余裕もなく、栄養学・東洋医学をまず大学で学び始めました。父が他界し医学部へ進学、その後さらに勉強がしたくて勉強がしたくて東京大学へ移りました。

スタートが遅れた分、アレルギー免疫の研究を行っている物療内科へ入局。さらに諸先生方のご協力で病理学教室にも席を置かせていただき、がんの診断そして様々な治療の評価を行っておりました。

そのため、早期の退院と在宅医療の必要性を確信し、大学の診療を行いつつ、在宅医療やセカンドオピニオンを行う法人を設立、地域医療と大学そして海外の医療機関をつなぐ仕事を続けてきました。

がん免疫治療はまだ黎明期を脱してはいないと思いますが、日進月歩の世界です。今後様々なことが解明されると思います。

新たな知見を取り入れながら、患者様と一緒に想いを共有し、患者様の立場にたった優しいクリニック運営が出来るよう頑張っていきたいと考えています。

 

村上 敦子の経歴

1991年:北里大学医学部卒業
1991年:東京大学医学部付属病院 内科 研修医
1993年:東京大学医学部 物療内科入局/同愛記念病院 アレルギー呼吸器科 常勤医
1994年:東京大学付属病院 東洋医学外来医
1998年:東京大学付属病院 非常勤医
医学法人さくらの会理事長
米国ジョンズ・ホプキンス大学 セカンドオピニオン外来医
2008年:乳癌のためすべての職を退職
2014年:医療法人 新栄会 藤本クリニック勤務
2015年:アスゲンクリニック 院長

チームがん治療

チームがん治療

MITでは2万件を超える治療症例を元に、がん免疫治療最前線で経験を積んだ医師達による「チームがん治療」として、万全の体制で治療に取組んでまいります。

交通アクセス

大きな地図で表示

〒104-0028
東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル
TEL:0120-621-636

MIT 東京MITクリニック アスゲンクリニック

JR 東京駅 徒歩5分

東京駅八重洲南口の正面にある信号を渡り八重洲ブックセンター横を入りコインパーキングを過ぎたところです。

東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩5分

7番出口より地上に出て左に、一つ目の角を左折、直進すると右手にスターバックスコーヒーがございます。当ビルはその向かいになります。

遠方からお越しの方はこちらもご覧ください。

初めて治療を希望される方へ 初診外来のお申し込み 資料のご請求