東京駅より徒歩5分ネオアンチゲン免疫治療の東京MITクリニック

東京MITクリニック

050-3649-6571

当院の免疫治療とは

がん細胞に目印をたて、免疫細胞の攻撃を誘導し
症状に合わせた多種な攻撃を仕掛ける複合がん治療です。

処方薬による内服治療

来院治療

当院はネオアンチゲン免疫治療というアプローチに基づいた複合がん免疫治療を提供しています。

最大の特徴は、がん細胞の表面に「がんの目印」を出現させ、免疫細胞の攻撃を誘導することです。 そのため原発がんはもちろん、転移がんや進行がんにも適応します。

標準治療との並行治療も可能

当院のがん治療は抗がん剤治療、放射線治療、免疫チェックポイント阻害薬など、そのほかの治療と並行して治療を受けることができます。

※ 当院の治療は保険適応外の未承認医薬品なども積極的に使った自由診療を提供しているため、すでに標準治療を行なっている方、入院治療を行なっている方もご自身の判断で処方を受けることができます。

サイトカイン誘導治療(オンライン処方可)

活性化キラーT細胞が強力に攻撃を開始

サイトカイン誘導治療とは

一般に、発病したばかりのがん細胞を排除するには「自然免疫系」の免疫細胞、つまりマクロファージやナチュラルキラー細胞(NK細胞)といったリンパ球が対応します。ところが、高度の進行がんや末期がんにまで病状が進行してしまうとこれらのリンパ球では対応できなくなってしまいます。

そこで代わってがん細胞に対応するのが「獲得免疫系」に属する強力な免疫細胞です。そしてこの獲得免疫を担当するのが「キラーT細胞」と、それを補佐する「ヘルパーT細胞」というリンパ球なのです。
この二種類のリンパ球の連携によって生じるがんの殺傷能力は非常に高く、即座にがん細胞を見つけて破壊活動をおこなうという特徴を持っていました。

そこで、キラーT細胞ががん細胞に対してまず始めにおこなうのが、がん細胞の表面に現れた「がんの目印(がんペプチド:MHCクラスⅠペプチド)」と結合することです。
次いで、補佐役のヘルパーT細胞がキラーT細胞の横から結合することで、がん細胞を殺傷するのに必要な情報をキラーT細胞に伝達します。するとキラーT細胞は即座に活発化し、がん細胞を強力に傷害する免疫活性物質「サイトカイン」をがん細胞目がけて放出するのです。

通常はこのような働きによってがん細胞を攻撃し、効率よく体から排除してしまいます。ところが、高度の進行がんや末期がんになると、それまでの免疫とがん細胞の闘いによってリンパ球にも大きく疲労が蓄積してしまいます。その結果、リンパ球は「免疫疲弊(めんえきひへい)」という状態に陥り、がんを殺傷するのに必要なサイトカインを放出できなくなってしまうのです。
これまでに高度進行がん、末期がん症例に対して東京MITクリニックが実施してきた免疫検査では、およそ9割の方にサイトカインの大幅な減少が認められています。なお免疫検査ができない場合でも、全身の倦怠感や体重の減少が続く場合には、サイトカインの減少を強く疑わなくてはなりません。

そこで東京MITクリニックでは、このような病状の発現やがんの進行阻止を目的に「サイトカイン誘導治療」を行っています。

この治療はリンパ球の内部に適切な免疫刺激を与えることで、新たなサイトカインの放出をうながす作用が確認された複合植物性多糖類製剤(カプセル)を経口摂取によって行います。

  • リンパ球機能を増殖させるにあたり、稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。
  • MITでは患者様、ご家族様が理解しやすいようにできる限り専門用語を避けてわかりやすく説明しています。

アポトーシス誘導治療(オンライン処方可)

免疫システムでがんに傷害を与えたのちに、
ミトコンドリアからがん細胞を自滅させるアポトーシスを発令させる

アポトーシス誘導治療とは

進行したがん細胞を強力に排除する「獲得免疫」というしくみ。その主役となった「キラーT細胞」「ヘルパーT細胞」という二種類のリンパ球と、それらが放出する免疫活性物質「サイトカイン」の連携ががん細胞に強力な殺傷作用を発揮します。
ところが、がんが高度に進行してしまうとリンパ球にも極度の疲労が蓄積してしまい、サイトカインの放出ができなくなってしまう「免疫疲弊」という現象が発生してしまいます。

ところが問題はそれだけにとどまりません。がんが高度に進行するとリンパ球の免疫疲弊だけでなく、あらゆる細胞に備わった細胞小器官(ミトコンドリア)の機能にも大きな劣化を生じさせてしまうからです。
そこで生じる問題点はミトコンドリアに、がんを排除するために無くてはならない重要な働きが備わっていたことです。

それが細胞の中でミトコンドリアの発令する「アポトーシス」という働きでした。

アポトーシスは別名(プログラム細胞死)とも呼ばれ、細胞自身の環境が悪化した時に自らの細胞をバラバラに分断し、自己消滅させるという現象です。そして免疫治療によってがん腫瘍を排除する際にも、がん細胞内部のミトコンドリアが発令する細胞死、つまりアポトーシスが不可欠なのです。

そこで重要なのが、ミトコンドリアの内膜に備わったエネルギー物質ATP(アデノシン三リン酸)の産生機構「電子伝達系」と「オクスフォス(酸化的リン酸化)」の再活性化です。なぜなら、それによるミトコンドリア機能の回復が効果的ながんの消滅作用「アポトーシス」の復活につながるからです。

そこで東京MITクリニックでは、ミトコンドリアによるアポトーシスの発令とがん腫瘍の排除促進を目的として「アポトーシス誘導治療」を併用しています。

この治療はミトコンドリア内膜に備わった電子伝達系、オクスフォスの機能改善を目的に製造されたイオン化ミネラル製剤の服用によって行います。

特にこの「アポトーシス誘導治療」は進行性肺がんにおいて急速ながん腫瘍の増大が認められる症例や、がん進行による身体衰弱が始まりつつある症例に対し、それぞれの症状改善を目的として併用を強くお勧めしています。

  • 稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。
  • MITでは患者様、ご家族様が理解しやすいようにできる限り専門用語を避けてわかりやすく説明しています。

内因性ペプチド誘導(来院治療)

がん細胞に目印を立て、免疫細胞の攻撃を誘導する

内因性ペプチド誘導とは

転移を繰り返すいわゆる進行性のがん細胞は、活性化キラーT細胞からの攻撃を逃れるため、多くのケースで自分自身の目印となるMHCクラスI分子をがん細胞の中に隠してしまいます。
各種免疫療法等で免疫力を高めても、免疫機能ががん細胞を見つけられなくなり、がんの進行が収まらない理由はここにあります。
その隠れたMHCクラスI分子を引っ張り出し、免疫機能にがんの目印を教え続けることが、内因性ペプチド誘導です。

  • 免疫抑制物質を排除する際に、稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。
  • MITでは患者様、ご家族様が理解しやすいようにできる限り専門用語を避けてわかりやすく説明しています。

リスクチェッカー検査

リスクチェッカー

プレシジョンメディシン(精密医療)として、
あなた自身のがんを正確に把握して治療へ。

リスクチェッカー検査はがんの早期発見、治療後の再発や転移の恐れを厳重に管理する精密ながん検診です。検査は採血にかかるおよそ1〜2分程で完了する為、体に負担がかかりません。

全身27項目にも及ぶ精密検査から「がん発生の素地となる異常の有無」「がんの成長に際して増加する異常物質」を見極め、画像を用いた検診だけでは発見し得ない早期のリスク取り除きに努めます。

リスクチェッカー検査というプレシジョンメディシン(精密医療)は、各患者様個別に必要と判断された治療を選び出し、大切な治療に活用することができます。

  • がん免疫検査システム「リスクチェッカー」は当院の宇野克明が開発し、全国数百件の医療機関にて導入されています。

対象となる患者様

対象となる患者様

当院のがん治療は来院いただき治療をおこなうほか、オンライン診療による診察と処方でも受診いただけます。

全国どこからでもすぐに受診することができ、時間との戦いになるがん治療に適しています。

  • 手術ができない方
  • がんの進行・再発・転移を止めたい
  • 早期に癌治療を開始したい
  • 放射線、抗がん剤治療中
  • 手術後
  • 免疫チェックポイント阻害薬を使用している
治療可能ながんの種類

S状結腸がん 十二指腸がん 小腸がん 膀胱がん 甲状腺がん 舌がん 口腔がん 上顎がん IPMN 胆管がん 胆嚢がん 膣がん 外陰がん 腹膜がん 明細胞肉腫 軟部肉腫 神経膠腫 膠芽腫 仙骨部脊索腫 インスリノーマ(悪性腫瘍の場合) 脳腫瘍 眼腫瘍 腺様嚢胞がん 胚細胞腫瘍 副腎がん 原発不明がん 子宮肉腫 皮膚がん 喉頭がん 後腹膜脂肪肉腫 後腹膜肉腫 胸腺がん(胸腺カルチノイド) 胸腺腫 尿道がん 尿管がん 肛門がん

  • 通院治療の対象は自立歩行ができる方、お食事(流動食含む)が摂れている方となります。
  • 小児がんは対象外となります。

東京MITクリニックはJR東京駅から徒歩5分にあるがん治療専門のクリニックです。
長年にわたり培った治療症例をもとに、親身に諦めないがん治療を提供します。

  • 東京MITクリニック
  • 東京MITクリニック
  • 東京MITクリニック
  • 東京MITクリニック
  • 東京MITクリニック

〒104-0028 
東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル3F 東京MITクリニック

治療薬のオンライン処方

処方費用(税抜)

初診料
1,000円
サイトカイン誘導治療(30日分)
72,000円
アポトーシス誘導治療(30日分)
96,000円
  • 当院の治療は、保険適用外の自由診療のため全額自己負担になります。
  • 当院の治療は、すべて医療費控除の対象となります。

オンライン診療の流れ

オンライン診療は必ず患者様が同席して頂く必要がございます。
ご家族様が予約される場合、オンライン診療の予約日が不確定な方は、一度お電話でご相談下さい。

院長が直接診察し治療方針を決定

事前問診とオンライン診療により患者様の状態を的確に把握。

また診断書や検査結果資料(画像診断結果、血液検査結果など)をお持ちの患者様は、事前にお送りいただくことも可能です。ただし、必ずオンライン診療当日の5日前までにお送りください。

お手持ちのスマホやPCで受診可能

お手持ちのスマホやPCのインターネットブラウザで受診いただきます。
専用アプリなどダウンロードの必要はないのでご安心ください。

  • 治療薬の処方を受けるにはオンライン診療の受診が必要です。
  • 下記のカレンダーから受診希望日をお選びいただくか、電話よりお申し込みください。
  • オンライン診療の申し込みであり、処方薬の申し込みを決定するものではありません。
  • 診療の結果、処方に適さない場合もございます。
  • 治療が決定しましたら処方薬をお送りします。そのまま服用を開始してください。

まずは、カレンダーから受診日を選択します。

お電話の申し込みはこちらから

  • 当院の診察治療は必ず院長が直接おこないます。
  • 自宅や療養先など患者様は来院せずに診察治療が受けられます。
  • 診察にはご家族などの同伴も可能です。(最大3名程度まで)
  • 患者様の病状・病歴などが分かるご家族の方でもご予約・ご相談いただけます。
  • 来院しての診察治療も可能です。
  • 診察の結果、治療に適さない場合もあります。
  • 当院の治療は、保険適用外の自由診療のため全額自己負担になります。

HOME > 当院の免疫治療とは